医薬品だから効くということはない

医薬品と言うと多くの人が、「医者が勧めるのだから効くだろう」と考えるのではないでしょうか。

しかし、一概にそうとは言えません。

医薬品は厚生省の認可が必要となり、その認可が下りるまでには非常に時間が掛るのです。

更に認可が下りたからと言って、安全性に保証がある訳でもありません。

 

それは、これまでの医薬品の歴史でも明らかです。

育毛剤には医薬部外品が非常に多いのです。

何故、育毛剤には医薬部外品が多いのでしょう。

 

それは、新成分を配合したい時に自由に素早く対応出来るからです。

せっかくの育毛に効く成分も認可を待っていたのでは1年も2年も掛って意味がありません。

効くものは全て素早く試してみたい、それが薄毛、抜毛に悩む人々の切実な思いでしょう。

 

その為、良い育毛剤程、医薬品として扱っていないと言うのが現状なのです。

医薬部外品程、良い成分が入っており、新しいものが次々と出て来るのです。

もちろん、安全性にも最大限の配慮をしていますので、安心して使用出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>